アイランドシティケアセンター 地域いきいき医療・福祉の森 vol.2

 

今週のコ三天ラジオ「地域いきいき 医療・福祉の森」(アイランドシティケアセンター提供)。
ゲストは、㈱ワンリンク 代表取締役社長 角 成人さんです。

 

同社は、住宅型有料老人ホーム「リリーゆたか(福岡市博多区豊)」を運営しています。住宅型ということですが、よく比較される介護付きと同様、要介護度が重くなっても生活を継続することができる施設(看護師の体制による)で、利用料も割安ということで、年々増えているタイプです。

 

2016年2月にオープンした「リリーゆたか」。居室は18㎡31室で、3階建ての施設は「福祉」を得意とする㈱未来図建設が手がけており、機能性とデザイン性を兼ね備えた造り。現在は満室となっています。

 

起業前、デイサービスに勤務していた角さんが、利用者の方から信頼を置かれ、所有地に建設する老人ホームの運営を託されたのだとか。

 

 

まったく知らない土地での開業。地域に溶け込むために、自らが率先して地域活動に関わっていかれました。まさに手探り状態からのスタートでした。

 

角さんのキャリアはユニークで、20代前半は美容師からはじまり、介護士、20代の後半は宅配寿司の店長職、そして介護にもどり、34歳で起業、現在は経営の立場にいらっしゃいます。

 

尊敬するのは、(株)ライドオン・エクスプレスの江見朗社長。人をいかす経営を学んだ人物。そして、幕末の志士、吉田松陰にも感銘を受けているとのこと。

 

社名であるワンリンクは、「ひとつのつながり」をイメージし命名。地域のコミュニティティを形づくる一助になりたいとの思いが強いと言います。

 

接客業やサービス業に従事していた経験を活かし、今後は社員教育に力を入れ、接客・接遇の質を高めていくとのこと。おもてなしの介護 が具現化し、現場に従事する方々のモデルケースとなるカリスマ介護士を、ぜひとも輩出していただきたいですね。

 

収録の様子はYouTubeでご覧いただけます。